我々は奉仕する WE SERVE

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶
 

会長挨拶

瀬戸ライオンズクラブ

第59代会長 L島倉 淳

会長スローガン  「利他の心で感謝の奉仕」

歴史ある瀬戸ライオンズクラブの会長職を拝命させて頂き、身が引き締まる思いです。微力ではありますが、有意義なクラブ運営が出来ますよう精一杯努力させて頂く所存です。何卒皆様方のご指導ご協力を伏してお願い申し上げます。
さて、スローガンは「利他の心で感謝の奉仕」とさせて頂きました。利他の心とは「他人の徳を重んじ、他人が利益を得られるようにと振舞おうとする心」です。この語源は天台宗開祖・最澄(さいちょう)の「好事は他に与え、悪事は己に迎え、己を忘れ 他を利するは慈悲の極みなり」という教えが由来です。
ライオンズクラブの精神である「We Serve」や「友愛や相互理解」などの言葉は、まさにこの考え方と同じであり、より一層の社会奉仕活動を深耕して参ります。

具体的には下記に示す二つの事に注力致します。
1:楽しい例会の開催。
例会と言う限られた時間の中ではありますが、皆様方のお知恵を拝借しながら何か新しい企画を考えたいと思います。その積み重ねが強いては会員増強に繋がれば幸いです。
引用ではありますが、人が集まる理由10か条を明記致します。
① 人は、人が集まる処へ集まる
② 人は、快適な処へ集まる
③ 人は、噂になっている処へ集まる
④ 人は、夢の見られる処へ集まる
⑤ 人は、良いモノがある処へ集まる
⑥ 人は、満足が得られる処へ集まる
⑦ 人は、自分の為になる処へ集まる
⑧ 人は、感動を求めて集まる
⑨ 人は、心を求めて集まる
⑩ 人は、誘われて集まる

2:瀬戸つばき特別養護支援学校への支援
2019年4月初旬に、瀬戸市の山口町に「瀬戸つばき特別養護支援学校」が開校します。小中高を合わせて約260名の生徒さんがご入学されますが、ライオニズムにあるように「人道的奉仕」はとても重要な社会貢献です。微力ではありますが、開校準備室の方々とも相談をしながら、何かお役に立てるアクティビティーを開催させて頂きます。以上2点です。

大そうに「利他の心」と簡単に申しましたが「言うは易く行うは難し」であり、まだまだ未熟で「利己」の塊であります。己を律しざるを得ない会長職を拝命させて頂いた事に感謝し、日々精進して参る所存です。
最後に繰り返しのお願いで恐縮ですが、「友愛と相互理解の精神」のもと、皆様方からの多大なるご指導ご鞭撻をお願い申し上げまして挨拶に代えさせて頂きます。

PAGETOP
Copyright © 瀬戸ライオンズクラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.